2014年11月30日

ケモスレ開発日記 第二回「ケモミミは性感帯」

強くなる度Hになる!
ケモミミ媚薬RPG「ケモミミスレイブ」


ケモスレ開発日記 第二回「ケモミミは性感帯」

人間の耳にも感覚があるように、ケモミミにも感覚があります。

人間が耳たぶをハミハミされれば股間がキュンとするように、
ケモミミも、サワサワされたら股間が熱くなってきてもまったくおかしくありません。

そう! ケモミミは性感帯なのです!

触手に捕まってしまい、完全に身体の自由を奪われたケモミミ少女。
無理矢理股を開かされて、触手が膣内に挿入されると思いきや、
なんと無数の小さな触手にケモミミを徹底的に愛撫される!
気持ち悪いはずの触手にケモミミを犯されるも、身体は敏感に反応してしまう。
股間からもエッチな液体が垂れてくる……。
もういっそ入れてほしい! そう思っても触手はただケモミミだけを徹底的に愛撫する。
そして、ケモミミの愛撫だけで果ててしまうケモミミ少女……。

そんなシチュエーションがあってもいいと思うのです!
というかそういうのがいいのです!

ケモミミスレイブでは、ケモミミやケモしっぽは、単なる可愛いアクセサリーではなく、
体の一部、それもすごく敏感な部分と捉えております。

そう! ケモミミやケモしっぽは性感帯なのです!
posted by スダさん at 19:57| ケモスレ開発日記